予想屋は個人の自己責任で利用するに留めるのが良いでしょう。

競馬場にいる予想屋

競馬場に足を運んだ人は予想屋なる人を一度は目にしたことがあるでしょう。
公営競技の場内でレースの結果を予測し、その情報をお金で売ることで稼いでいる人達です。

 

競馬場の風景

 

無秩序に感じるこの予想屋ですが、意外と細かいルールが存在しています。
予想屋が立っている場所は適当ではなく予め割り振れたスペースなのです。
この決められた場所でレースの予想を演説し、興味を持った人は予想が書かれた紙を購入します。

 

一般的な相場では1レースの予測は100円から200円です。
1日分を1000円ぐらいで販売する予想屋も居るので、じっくり競馬を楽しみたい人は購入してみるのも良いでしょう。

 

このように競馬場に居る予想屋はルールに則って行動をしています。
では、予想屋は利用するべきなのでしょうか?
ここでは予想屋を使うメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

 

予想屋を利用するメリット

競馬初心者であれば予想屋の演説を聞いて、情報を購入してみると良いです。
どのような情報に注目するのか、どのような馬券の買い方が良いのかを理解出来るからです。
競馬場によっては名物おじさんとして有名な予想屋も居るので、エンターテインメントの楽しさを味わえるでしょう。

 

ちなみに、的中率が低いと予想屋を行う認可が取り消されてしまいます。
少なくとも一定の的中率があると考えれば、初心者にはメリットがあると考えて良いです。

 

予想屋を利用するデメリット

初心者で無いのなら競馬は自分で予想する方が楽しめます。
ハズレ続きのケースでは自分の予想を信じられなくなるので一定の需要はあるかもしれません。
ですが、予想屋の情報はあくまでも予想なのです。
確実に当たる訳ではありませんし、当たっても配当金が少なくてうまみが無いことも往々にしてあります。

 

ネットでも無料で閲覧できる情報が増えているので、有料で得る情報にどこまで価値を見出せるかを考えてみてください。
予想屋の情報がハズレてしまったら、怒りや虚しさの気持ちを消化できなくなります。
予想屋は個人の自己責任で利用するに留めましょう。

 

なお競馬は高額配当の場合は税金がかかってしまうことも忘れないようにしましょう。

 

参考:高額配当と税金