日本ダービーは賞金額も高く、競馬ファンが盛り上がる一大イベントです。

日本ダービー

日本ダービーとは、日本の競馬レースの中でトップ3に入る賞金額を誇るものです。
このダービーの由来は1780年のイギリスでダービーステークスを創立した人物に由来しています。

 

現在3歳の馬しか出場できないレースというのも日本ダービーの特徴です。
馬にとっては一生に一度しか出場できないので、馬に思い入れのある人にとっては憧れなのです。
分かりやすく例えるなら高校球児の甲子園出場に近いでしょう。

 

日本ダービーとは賞金額も高く競馬ファンが盛り上がる一大イベントと言っても過言ではありません。

 

 

日本ダービーの種類

 

日本ダービーのポイント

 

日本ダービーは3つのレースで構築されています。
1つはダービーで、2つ目は皐月賞、3つ目は菊花賞というものです。
これら3つのレースをクラシックレースと呼び、日本ダービーを構築する重要なレースとなっています。
牝馬だけのレースも存在しており、こちらは桜花賞、オークス、秋華賞と呼ばれます。

 

基本的に2400メートルの距離を競い合い、1レースでは18頭が走ります。
競馬を楽しみたいなら日本ダービーを見に行くと良いでしょう。
20万人以上が集まる競馬場では熱気と活力が溢れており、競馬に対する情熱を全身で感じられます。

 

日本ダービーの楽しみ方

馬券を買うのは当然ですが、他にもダービーの楽しみ方があります。
最初に抑えておきたいのは特定の馬を応援することです。
馬券を当てて大金を手に入れたい気持ちは分かりますが、特定の馬を応援するのも大切です。
お気に入りの馬を見つけて馬券を買うやり方も競馬の醍醐味と言えるでしょう。

 

ちなみに、皐月賞では最も速い馬が勝つ、菊花賞では最も強い馬が勝つ、ダービーでは最も幸運な馬が勝つ、と言われています。
こうしたジンクスを参考に自分なりに優勝馬を見つけてみるのも良いです。

 

さらに、ダービーに参加している馬を取り巻く環境にも注目です。
ダービーで優勝すれば馬はもちろん、ジョッキーや調教師、スポンサーなどが栄誉ある称号を得られるのです。
馬ではなくジョッキーを応援する人も居るほどですし、近年では女性のジョッキーも増えています。
レースを当てるだけに留まらない深い魅力が競馬にはあるのです。
日本ダービーを楽しんで競馬の魅力をぜひ感じてみてください。