競馬予想サイトは、ビッグレースでも独自のネットワークにより多くの情報を抱えています。

メインレース(重賞)について

競馬予想は、いかに情報を手に入れて分析できるかがカギです。
予想に必要な情報には次のものがあります。

 

  • 調教、追い切り、中間の気配
  • 血統情報
  • コース適性
  • 脚質
  • 馬の性格
  • 騎手の技量と、馬との相性
  • 予想レース展開
  • レースデータ
  • コースデータ
  • 斤量
  • 前走からの上積み
  • レースローテーション
  • 本命馬のマークの厳しさ
  • 当日の馬体重
  • パドックの様子
  • 返し馬の様子
  • オッズ
  • 当日の馬場状態
  • 当日、前日の競馬場の傾向

 

ここで紹介している物以外にも、予想に必要な情報は幅広くあります。

 

 

メインレース(重賞)になるほど、情報量は豊富になる

競馬はメインレースや重賞のグレードが高くなるほど、賞金も馬券の売り上げも高くなり、人気ホースや注目の対決が多くてレース全体が盛り上がります。
その為、スポーツ新聞や競馬情報誌、競馬予想サイトなどのメディアはメインレースやG1などのビッグレースになるほど、メディアの特集が増えて幅広い人が予想の為の分析を行います。

その結果、一般の方まで流通する情報量もメインレースが1番豊富になり、特に重賞のグレードが高いレースほど情報が多くなります。

 

 

情報流通量が多いほど、妥当なオッズになる

競馬は、豊富な情報で分析するほど、期待値が高くなります。
つまり、一般ユーザーに渡る情報が多いメインレースや重賞では各出走馬が、細かく分析されて妥当なオッズになります。
逆に条件戦など注目度が低いレースでは、高い素質を持った馬でも人気が薄くなる事も珍しくありません。
馬券生活を送っているプロの人は「午前中の5レースが稼ぎ所」と言っている事も多く、情報が少ないからこそ正しい情報を手に入れれば手堅く万馬券を的中できる見込みが高くなります。

 

一般の素人の方は、自分で競馬ソフトを使った分析や、毎週全レースの内容のフィードバックの記録を付けていくか、優良な競馬予想サイトの会員向け情報サービスを、活用するとよいでしょう。

 

 

競馬予想サイトはビッグレースでも独自の情報を抱えている

競馬予想では過去のレース戦歴や調教タイムなどの数字を追いかけるのも大切ですが、業界人にしか分からない感覚による情報も大切です。

 

例えば厩舎のスタッフが
「追い切りタイムは悪かったけど、いつもよりも調子は良さそうだ」
「今回の調教やレースローテーションにはこんな思惑がある」
などの現場に近い人の証言は予想でとても役立ちます。

 

競馬情報会社などは、こうした独自のネットワークにより、業界人からの情報収集をする事で、一般に流通する情報が豊富なビッグレースでも、高い実績を残す事ができています。