年間の獲得金額が50万円を超えたら納税の対象になります。

高額配当と税金

競馬をやる人なら誰もが万馬券を夢見るでしょう。
ギャンブルでも醍醐味でもあり、大金が手に入るかもしれない状況には血が熱くなります。

 

そんな競馬の高額配当ですが、実は税金が発生するのです。
せっかく高額配当を当てたのに税金が掛かるのは腑に落ちない感じがあります。
しかし、この税金の仕組みを理解しておかなければ大変なことになるでしょう。

 

税金を支払わなければ脱税の扱いとなり、高額な罰金が取られてしまう上に逮捕されるからです。
競馬を楽しく遊び、高額配当を適切に受け取るためにも税金の仕組みを知りましょう。

 

競馬の高額配当の税金の計算

 

税金の計算方法

税金が取られると聞くとすごく嫌なイメージを抱いてしまいます。
ですが、実際に計算を行うとそこまで大きな負担では無いことが分かります。

 

まず基本の情報ですが、年間の獲得金額が50万を超えたら納税の対象になります。
(獲得金額 - 当たり馬券の購入金額 - 特別控除50万)×0.5です。
例えば年間の獲得金額が100万で、当たり馬券の購入金額が10万だとしましょう。
その場合は、(100万 - 10万 - 50万)×0.5 = 20万が税金の対象となります。
簡単にいうと20万の所得があったと考えられるのです。

 

仕事の年収に対してこの20万を加算し、合計の金額に対して所得税が掛かるようになるのです。
仮に年収を300万とするなら、競馬の所得20万を加算した320万が課税対象です。
このケースだと税率は10%になりますが、その他の特別控除を減額するともう少し低くなります。

 

競馬で重要になるのは年間でいくらプラスになっているかどうかなので覚えておきましょう。

 

競馬の税金はバレるのか?

絶対にとは言えませんが、基本的に競馬の所得を税務署から指摘されることは無いです。
個人が数十万程度の金額を儲けてもバレないのです。

 

ただし、一度に500万以上の払い戻しがあった場合は注意しなければなりません。
高額配当が当たると税務署にチェックされる確率が極めて高くなります。
10万円の払い戻しを50回なら気付かれない可能性が高いですが、一度のレースで500万を払い戻しされると気付かれるでしょう。

 

税金を支払いたくない気持ちは分かりますが、脱税として処理されると追加徴税が発生します。
高額配当を当てた場合は、税金の支払いを準備しておくようにしましょう。