ワイドや3連複、3連単、複勝は、鉄板レースと波乱予想で活用方法が変わってきます。

三連複とワイド

競馬予想をしていると、次のような考えを持つレースがあります。

 

「この馬は人気がなくて勝つ力はないけど、3着までなら展開次第で考えられる」
「1着は本命馬で決まりだけど、本命馬から馬券を買ってもオッズがつかない」

 

このような時には、レースを3着まで考えて予想するようにしましょう。
馬連や枠連・馬単などの馬券は2着以内の馬を的中させますが、3着まで考えるならワイドや3連複、3連単を活用します。

 

 

3着までの馬券の買い方

馬券の購入手法はいろいろありますが、ここでは3着まで考えたいレースの定番の買い方を紹介します。

 

1番人気の信頼度が微妙な時はワイドで2着3着を狙う

競馬のオッズは、全体の馬券購入状況によって変動します。
つまり、必ず強い馬が相応のオッズがつくとは限りません。
特に重勝以上のレースではスター性のある人気ホースへ支持が集まって、実力や勝てる期待値以上にオッズが低くなってしまいます。
こうした、1番人気の馬の信頼度が微妙だと感じる時は、そのまま1番人気の馬を買う事は非効率です。しかし、1番人気の馬をズバっと外した買い目で馬連や馬単を買う事もリスクが大きいです。

 

そこでオススメなのがワイドで2着、3着に入る馬を狙う事です。
ワイドは的中しやすくオッズが低い券種ですが、1番人気を外した買い目であれば、しっかりとした払戻金を期待できます。
また、万が一1番人気が勝てなかった時でも、的中する確率が上がります。

 

 

3連複、3連単なら人気馬を絡めたり、購入点数を広げても、高い払戻金が期待できる

3着以内の馬をすべて絡める3連複や3連単は、的中させる難易度が高い分、払戻金も大きいです。
本命馬の実力が抜けている鉄板なレースなどは3連単を活用して、1着軸を固定したり、1番人気の信頼度が低い時や、4頭以上でBOX買いしたい時は3連複がオススメです。
初心者の方は、なるべく軸馬を決めやすい堅いレースで3連複や3連単を活用するレースに選ぶとよいでしょう。

 

 

複勝は穴馬のみを狙う

複勝は選んだ馬が3着以内に入れば的中です。
その特性から、的中させるチャンスが高くて、なおかつ3着以内は確実と評価される人気馬を買う人が多いです。
しかし、複勝は人気上位馬を買うと3倍以下のオッズになる事がほとんどです。
複勝でも100発100中で的中させていく事は不可能ですし、本命馬が大崩れする事も競馬の世界では珍しくありません。
複勝で3着以内に入る馬を狙いたい時は、穴馬狙いのレースで活用するとよいでしょう。

 

競馬新聞の見方を知って予想に役立てましょう。